​おはなしの卵社について。

 

 

・子供の頃から、本を読むことが大好きでした。

あるいは、文章を読むのが大好きでした。

 

本を読むことによって、移動することなく、

 

別の世界へ、こころが旅行する感覚が、私は大好きです。

 

本を開き、紙の匂いや手触りを感じながら、

 

ページをめくる、そのたびに発見があります。

 

1ページ、1ページに、様々な「おはなし」がつまっています。

 

 

 

・「おはなし」は、多くの人はこどもの頃の、

 

オトナからの絵本の読み聞かせから

 

はじまっているのではないでしょうか?

 

そして、その「おはなし」は、花に水をやるように、

 

あなたのこころを育ててくれたはずです。

 

それは、とてもあたたかい思い出だと想像します。

 

 

・オトナも、どんなオトナだって、子供だったわけで、

 

心の中には、かっての小さい頃のじぶんがいるはずです。

 

その心の中にいる子供も、オトナになった現在のじぶんも、

 

やはり、おはなしを必要としているのではないでしょうか。

 

たとえ、なにも役に立たない、おはなしだとしても、

 

目に見える、必要なものだけが、

 

世の中で重要だとは限らないと考えます。

 

 

・おはなしの卵社は、様々な分野の人とコラボしながら、

 

本にまつわる、小さいながらも、いろいろな活動を通して、

 

子供や、かって子供だったオトナにも、

 

「おはなし」を提供していくユニットです。

 

 

・おはなしは、フィクションでも、ノンフィクション、

 

どちらも活動していきたいと思っています。

 

私たちが作った「おはなしの卵」が、

 

だれかに渡り、温められ、

 

そして、おはなしのヒナがかえり、

 

そのおはなしが、知らない誰かを温められたら嬉しいです。

 

真冬の暖炉や、湯たんぽや、ダウンジャケットみたいに。

 

 

 

・また、街の書店の減少や、インターネットの普及など、

 

世の中の流れが変わる中で、

 

あらためて、本を読む意味を考えてみたいと思います。

​いずれは本を中心として人々が集う場作りを目指しています。

・私のスタンスは、兼業農家です。

 

畑や、田んぼを手入れをするように、本や文章に関わり、

 

必要であれば、直売所で野菜を売ってもらうように、様々なカタチで販売する。

 

本業は、日々頑張りながら、収穫を楽しみにする、兼業ユニット。

 

 

・また、様々な分野の方、イラスト、写真、デザイン等の方と、

 

コラボレーションできたらと思っています。

 

私達の活動に、興味を持たれた方、お声がけください。

 

© 2017 おはなしの卵社 イラストレーション:kazu