劇団。

・小学校の頃、年に1回、班で、

出し物をするお楽しみ会があって、

演劇を出し物でやっていた。

お話を作るのも楽しかったのも、もちろん、

その作る過程の雰囲気が楽しかった。

何より、面白さを追求していたし、自分たちも、お客さんも楽しんでいた。

私の演劇の原体験は、お楽しみ会かもしれない。

他にも、私は、漫才係という係をやり、

給食中に、寒いコントをしていた。

これも、原体験かもしれない。

・そして、大学に入学したとき、

演劇部がないことに、軽くショックを受けた。(調べない方も悪いけど。)

今みたいに、インターネットも普及していないので、

市民劇団の情報もない。

私は、演劇をやることを断念した。

そのあとも、大学卒業後は、アルバイトをしながら、

どこかの劇団で、脚本を担当できないかと、

考えていた。

まぁ、働きたくない逃避もあったのかも。

それは、国家試験に落ちることで、それどころではなくなる。

社会人になってからも、演劇鑑賞をしたりしていて、

どこか小さな劇場という舞台に憧れていた。

・なぜ、私がそこまで、演劇というものに惹かれるのか?

考えてみたんだけれども、私は、たぶん、

色々な人と、ワイワイ、物語を作っていく作業に憧れていたんだと思う。

その中には、意見の衝突や、面倒なこともあるんだろう。

そして、孤独に物語を作ることも、必要だろう。(多くはそうだ。)

だけど、それを含めて、楽しみにしていることに、

演劇を志した気持ちがあるのかなぁ、とは思う。

相反して、私には、一人でコツコツやる時間も好きなのだが。

・ユニット名を「おはなしの卵社」と、「社」をつけたのも、

1つは、小劇場の小さな劇団のようなイメージがあったのかもしれない。

劇団には、脚本家も、照明も、俳優も、色々な人がいます。

このユニットも、様々な人を通して、

小さな劇団のようになれば、いいなぁと思うのです。

小さいけれど、その劇団は、賑やかで、活気があって、程よいユーモアがあって。

そして、できれば拍手は、人数は多くないだろうけど、

あたたかい拍手であれば、なお嬉しいなぁと思います。

読んでくださって、ありがとう。

演劇鑑賞したくなりました。

​あたたかい卵
​むかしの卵

© 2017 おはなしの卵社 イラストレーション:kazu