自画像。

・私は、2015年の8月まで、喫煙者でした。(ヘビースモーカでした。)

で、弟の結婚式から、禁煙をはじめ、

今は、完全に非喫煙者です。

と言っても、20歳から喫煙していた習慣や、ニコチンへの依存は大きく、

一人では、やめられそうにないので、(というか、何度も試みたので)

禁煙外来に通い始めました。

チャンピックスという薬を飲みながら、周りに励まされながら(それも、心強かった。)

がんばって、通いましてやめられたわけです。

大変だったけれども。

・その時は、小さいことだけれど、役に立ったのが、禁煙の日記をつけていたことです。

そこには、禁煙時の苦しみや、タバコをやめていく中の自分の体調の変化や、

心境の変化、なぜ、やめたいと思ったのかの動機など、

とにかく、書かれています。

ほぼ、毎日でした。

一時期は、これは楽しみでしたし、書いてよかったなぁ、

と思っています。

・日記を読み返してみると、当時は気づかなかったのですが、

毎日、少しずつ、自分は変化しているし、前に進んでいるという気持ちを

どこかに持っていて、日々が新鮮な野菜ジュースみたいな日々だったということです。

苦しいけれど、新しくて、辛くて、楽しい。

その日々を記録していたことは、楽しかったです。

・日々、大変だったり、何か新しいことを始める時の気持ちって、

二度と味わえない気持ちだし、

新しいことを始める時、わりと、落ち込んだりもするんだけれど、

そうして、記録してみると、

いや、無駄なことなんてないし、前に進んでいるのかなぁ、

と少しは思える気持ちもします。

・日々の記録って、自画像を描く過程に似ているんではないかな、

とも思っています。

書いていく過程で、自分がわかるような。

そう考えると、ダイエットで体重を記録するのも、

1つの、毎日の自画像を、更新しているのかもしれませんね。

私も、太ってきたので、そろそろ体重を記録しなくては。。

今日も、読んで下さってありがとう。

タバコの次に、健康のためにやめることを探しています。

​あたたかい卵
​むかしの卵

© 2017 おはなしの卵社 イラストレーション:kazu