おはなしの卵文庫。

・ちょっとした趣味みたいなもので、

私の勤めている薬局の待合室に、個人的にセレクトした本を置いています。

セレクトする基準は、ただ一つ、心が温まる本です。

温まるの意味って、それぞれの人に違うものだけれど、(当然ですよね。)

温まる、つまり少しでもハッピーな気分になることです。

ハッピーな気分を紐解いてみると、

それは、お風呂上がりのビールだったり、真冬のホットコーヒーだったり、

猫とじゃれあったり、大好きな人の笑顔だったり、

日常の中にあるハッピーな気持ちです。

・そうすると、生活に根ざした本、日常を整えたくなる本になります。

(私は、ゴシップ記事が嫌いなので、週刊誌は置かないのもポリシーです。)

雑誌は、信州のライフスタイルの情報誌、「KURA」

暮らしについて丁寧に書かれた、季刊誌「住む。」

信州は山好きの方が多いので、雑誌「山と渓谷」とか。

その中に子供向けに、仕掛け絵本(ポップアップが多いです。)、定番の絵本。

岩谷さんの猫の写真集などです。(猫が好きなのです。)

・本業では、バタバタしていますが、選書をするのは本当に自由なので、

楽しんでやっています。

これを何か、本にまつわるアレコレにリンクさせられないか?

そう思いましたら、いくつか、本棚を一箱貸してくださる本屋さんがあるとのこと。

あるいは、一箱古本市も全国で開催されている。

なかなか、このご時世、書店を開くのは難しいことですし(それも一つの理想ですが。)

一つの経験として、やってみようと思っています。

多分、待合室よりディープな本棚にはなるのかなぁ、とも思いますが。

魅力的な本棚を作ることは、魅力的な本を作ることと同じくらい素敵だと思います。

ZINEを出す、「おはなしの卵社」としての創作活動と、

選書をする、一箱古本書店、「おはなしの卵文庫」(仮)

活動の幅を広げていきたいと思っています。

ほんと、少しずつですけれどもね。

今日も、読んでくださってありがとうございます。

日常にある何気ないことを、面白いことに変える、

それが、私の好きなことの1つです。

​あたたかい卵
​むかしの卵

© 2017 おはなしの卵社 イラストレーション:kazu