来年の手帳。

・来年の話を今から言うと鬼が笑うと言うけれど、

今回は来年の手帳のお話。

退屈だから眠くなると思います、たぶん。

・私は毎年、「ほぼ日手帳」を使っていて、

スタンダードなものと、サイズの大きいカズンを使っているんだけれど、

使い方は朝起きて、文庫本サイズのものに今日やることや、

思っていることを1ページ書きなぐり、仕事が終わってから、

夜にカズンにその日気づいたことを1ページに書き込みます。

若い頃は手帳も空白が多かったのだが、  

この歳になると、さすがに公私ともども、メモすることが

多くなってしまった。

・で、そんな習慣を続けていくと、

うーん、これといって劇的に仕事で成果が出たとか、

うまくいくようになったとか、そう言うことはないのだけれども、

まぁ、なんとなく自分のことは自分で(ある程度は)消化できるようになったのかな、

とも思います。

そして、表現があっているかわからないけれど、実際に書くことで、

私は自分の自画像をコトバで書いている気がする。

毎日、毎日、表情の変わる自分を。

朝の顔と夜の顔を。(なんか、怖いですね。)

まぁ、そんな大それたことではないけれどもね。

・でも考えてみれば、いつだって同じ状態の人間はいないわけだし、

その時の感情や気持ちや気づきをとっておける意味で、

手帳って、大事だなぁと思う。

もちろん、予定だけしか書かない日もあるんだけれど、

そう言う切り取られた自分を見るのも、面白いんだよね。

あー、この日はこんなネガティブだとか、ポジティブだとか。

体重が体の記録ならば、心の記録なのかな、とも思います。

・そして来年の手帳なのだけれど、

ほぼ日手帳のビートルズのコラボか、メロン色で迷っています。

ビートルズは私が高校時代にコピーしていた(少しだけ)バンド。

メロン色もシンプルで良いなぁ、と思いつつ、

幸い、松本には「ロフト」があるので、

吟味しようと思っている、今日この頃です。

読んでくださってありがとう、体重記録はサボっています。

​あたたかい卵
​むかしの卵

© 2017 おはなしの卵社 イラストレーション:kazu