場を作りたいという事と、(みたいな。)の考察。

・大きなことは言えないので、小声で書きますね…。

私が好きなこと、あるいは目指したいことに「場」を作りたいという事があります。

私は小学校時代の頃、みんなで漫画雑誌やゲーム制作をしていたのだけれど、

それも1つの「場」作りだったのだと思う。

内容はあまり、内容だったけれども…、

その場は面白く、楽しく、良き時間だったと記憶しています。

その頃の仲間は私はそんな仕事についているのではないかと、

思っていたようなのですが、いろいろな事情や(主に実力不足。)

小さい頃から医療を志していたので、今は薬剤師をしています、細々と。

・でもですね、根本は人間は変わらないわけで、

やっぱり、大人になっても、場を作りたいわけです。

子供じゃなくて、大人がする事だから、

たとえ、趣味に少し毛が生えた程度であっても、

そこには信頼だったり、コストだったり、それを踏まえたアイデアだったりが

必要だったりします。

で、自分がそこが甘いのも、足りない部分も気づいてはいるんだけどねぇ。

・考えにあるのは、ともかく本にまつわることに関わること。

そして本にまつわる様々な人とのコラボできる、自分の場を作ること。

そこに参加してくれる方がいたら嬉しいし、

いろんな人との化学反応で場の空気感を変えられることかなぁ。

場に暖かく、やわらかい風が吹くように。

・そして、小さくてもいいからコミニュティに入っている、

小さな、小さな、本屋(みたいな。)ものをやってみたい。

40歳になって見て思うことです。

で、かっこでくくっている(みたいな。)が重要で、

その(みたいな。)を今、いろいろ考えているところです。

多分、本屋は実現できないだろう、ならば、(みたいな。)は何?

って感じですね。

その、(みたいな。)を探しています。

(単に雑貨があるとか、カフェがあるとか、ギャラリーがあるとかではなく。)

・幸い、今はインターネットがあるので、私の小さい頃とは、

また状況が違います。

基本、アナログの人間ですが、慣れないデジタルも勉強しながら

時間と、タイミングを掴みながら、

その、(みたいな。)を探し当てて見たいです。

継続は力なり、遠いところにも、近いところにも、過去にも、未来にも、

多分、すごく身近なところにも。

その(みたいな。)はきっとあるはずです。

その(みたいな。)を現実的にうまく落とし込みながら。

まぁ、日々、地道にやっていきます。

読んでくれてありがとうございます。

もちろん、本業も頑張っています。

​あたたかい卵
​むかしの卵

© 2017 おはなしの卵社 イラストレーション:kazu