90年代プレイリスト、本の直売所。


・独学なのだけれど、エディトラルデザインの基本の基本を徹底的に、

潰していこうと勉強しています。

お恥ずかしながら、機械音痴なものだからインデザイン、イラストレーターなど、

アドビ編集ソフトは全くの素人。

その辺の力が足りないし、自分のZINE、読みにくいなぁとか常々、思っていたものだから、

休みの日は入門書を読みふけって、いろいろ実験しています。

読みやすさには必ず黄金比があるだろうし、読み手のことを考えたレイアウトをしたい。

おはなしの卵社は本に関わることのプロジェクトであり、

リトルプレスを中心にして発信していくプロジェクトなので、

その辺は勉強だなぁ、と頑張っております。

・職場の途中で野菜の直売所が目に付きます。

時々、思うんだけれど、そこには無人も有人もあるのだけれども、

野菜を本にして見て、

「本の直売所」なんて、できないだろうかなんて思う事があります。

置いてあるのは、旬もあるし、折れたしいたけみたいな古本があったりとか。

本屋の事情を見ると、いろいろ難しいのだろうなぁ、と素人なりきに考えますし、

それではとても利益はないだろうけど(まして新刊の問屋さんと契約なんてできないですし。)

小さな形で実現できそうな範囲に収めた、私のイメージです。

まぁ、そこにいくと趣味になりますね。

まぁ、夢想家の妄想だと思って、笑っていただければ幸いです。

でも、「本屋」でなくて、「本の直売所」って響きは好きだなぁ。

このイメージは突き詰めて見ます。

・連休中、本業の仕事で職場で事務仕事をしながら、

90年代のヒット曲のプレイリストを聴いていたら、

あの頃の音楽は確かに、好きなアーティストでなくても、

覚えているんですよね。

CM、ドラマ、音楽番組、カラオケ、何らかの形で聴いているんですね。

その時に、ふわり、とその頃の空気が戻ってくるのが心地よくてね。

聴き入りながら仕事がはかどりました。

同時に思った事なんだけど、

あの頃の感受性は戻ってこないんだなぁ、失われたものなんだなぁ…と

考えて見たり。

でも、だからこそかけがえがないものでもある気がする。

そのメロディ、その詩を聴くだけで、

友人だったり、好きだった女の子や、その頃の悩みや葛藤や、嬉しかった事、

全て詰まってる。

青春時代の音楽は宝物ですね♪

今日も読んでくれてありがとうございます。

みなさんの青春のプレイリスト聴いてみたいです。

​あたたかい卵
​むかしの卵

© 2017 おはなしの卵社 イラストレーション:kazu