工程表、そしてアイヌの絵本

・工程表が何事も必要なのだと思う。

ゴールが見えずに進むのは辛いものだと、この歳になって

つくづく思うようになった。

工程表は夢を描くみたいに、素敵なものではなく、

きわめて現実的で面白くない、がそれができた途端、

理想と現実が少し交わって、いい塩梅に一歩前に進める気がします。

それは仕事でも、趣味でも、いろんな事で。

・ゴールがみえないマラソンコース、

OSのアップデートも進行をしめすバーみたいなものがないと、

とても不安ではないですか。

工程表を元に、いろんなおもしろいことやめんどくさいことを転がして、

楽しくしていければ理想なんだけどね。

・私もひそかに少しずつなのですが、

本にまつわるアレコレをする活動を広げようと思っています。

最終的には、ほんと、小さな本屋、というか本屋とはいえないかもだけど、

本にまつわる「場」というのが、ひとつのロードマップとしてある。

・私が41歳だから、先々をそろそろ考えながら、あたためながら、

実現可能なものに落とし込めたら良いなぁ、と

不安にもなり、時には難しいよね、と思いながらも、

工程表を手帳なんかに書いています。

・そして、昨日、そのロードマップに1つ思いついた。「おはなしの卵社」レーベルで

絵本ZINEを作れないか?ということ。

素材的には、私はアイヌ民族の昔話に興味があるので、

それを題材にした絵本が作れないかということだ。

ただ、私は絵がかけないし、そういう人脈もない。

だれか興味がある方で絵をかけるかた、ぜひご連絡ください。

私も少しずつアイヌの本をよんでみようと思います!!

というわけで、新作ZINEがまだ巣立っていないのに、

次のことを考える、私でした。

​あたたかい卵
​むかしの卵

© 2017 おはなしの卵社 イラストレーション:kazu