5月16日

早朝に職場に行く。三時間仕事する。

午後、美容院。

母に連絡つかず。


部屋の酷さをみかねて、最近、妹が片付けにきている。

物の多さにびっくりした。改めて。

減らそう。

片付けて目につくアルバム。

なんだか思うところがあって、

今まで、見ないようにしていた、

昔の写真(デジタルではなく、写るんですを現像した写真、プリクラ)をみる。


学生、社会人前半の若い自分や、昔の友人、あるいは、初デートした日の写真など残っていて、

自分の劣化と現状にすごく落ち込んだ。

まあ、歳をとったから、仕方ないとはいえ、若さは眩しく、コロナの事も考えると、こんなにみんなで集まってたんだ!!とびっくりする。

今の大学生は本当に気の毒だと思う。


眩しいと同時に、悔やむ事も星の数ほど思い出して、いろいろ思うところがあった。


俺は何をやってきたのだろう?

どこへ行くんだろう?

そんな事も少し思う。

恥ずかしながら。


後悔しても巻き戻しは効かないわけだし、

今日みた写真は、純粋に良き思い出だから、温まる部分もある。

コロナでなくても、ここ数年、人生の自粛期間みたいなものを過ごしていて、

人とも会わず、静かに暮らすようにしていた。人とは深入りはしない事。距離を保つことの徹底。


だが、そろそろ自分と向き合う頃なのかもしれない。亡霊みたいな過去の自分。

対峙したから、なんとかなるわけでないけど、目を背けるわけにいかない。


自分は明らかに心に問題を抱えている。


人と距離をとってきた五年間。

自分なんで探す歳じゃない。

ただただ、人と向き合えるようになりたい。


今の物の多さは、自分の心の荷物の多さに比例していると思う。

身軽だった、昔は。当たり前だけど。

いろいろな整理整頓して、前に進みたい。

多分進めないけど。

それでも、進もうとはしたい。

少しでも。

前に前に。

そうなればいいのだが。


寝る。






​あたたかい卵
​むかしの卵