6月12日

父親が動けなくなった。

痛みがひどく、検査が必要。コロナワクチンは延期との事。母の入院、父の検査。

仕方がないが、やりきれない気持ち。


患者さんに向き合う側だけど、私が自分自身に余裕がなくて、仕事に向き合えないのは、もう資格を持っていても、持っていないようなもののような気がする。

そして、すぐに激昂する人もいる。

余計た説明をするな、よく言われる。それもわかる。

でも、それは仕事だし、私たちの義務なのだ。どんな仕事でも確認や義務はあるでしょう。それ、わかってほしい。

だったら、お役人がもっと有能であれば、バカバカしいこと、意味のない事しなくて良いのに。

自分は親が大切だし。感謝しているから、親の面倒を見たい。残りの人生捧げても良いと思ってる。

疲れて、寝てばかりいた。

気持ちも落ち込んだ。

いろいろ考える。


自分より大変な人がたくさんいて公式には、なかなか吐き出せないけど、まいっている。いや。まいっている場合じゃないな。

​あたたかい卵
​むかしの卵