7月13日

寝落ちしてしまうので、日記を忘れがち。


最近は他人は他人とクールにしています。人を全て理解して、同じ気持ちなんてありえない。ズレは必ずあるし、そんなふうにできてたら、今、こんな世の中になってないと思います。

同時に僕だって、他の人の気持ちを思いやれるか?っていうと、後悔や反省や仕方ないことと思うこともある。後悔の方が多いです。


お風呂に入ってる時、星野道夫さんのエッセイをよく読んでいる。

そこで思ったのは、引用になるが、闇、深い闇を僕らは生きることで纏い、それを克服するために生きているのだってこと。

絶望というか、どうあがいたって、償ったりできないんだ。過去の自分の愚かさは。


克服できるだろうか?


できない。

でも、試みるのがこれからの残りの人生の生き方ではとか、思ってしまう。



では。


​あたたかい卵
​むかしの卵